海外生活ライフハック

海外生活をすると太る?!〜その原因と対策〜

海外生活をすると太るというのは本当?

海外生活をすると太るというのは結構定説なので、あなたも聞いたことがあるかもしれません。

私も大学生の頃イギリスに1年留学することが決まった際に、大学の留学担当の方から、「学生さんは留学すると絶対5キロくらいは増えて帰ってくるよ!」と言われたので、太らないように気をつけなければとは思っていましたが、結局5キロどころか10キロくらい増えて帰国することになってしまいました。

そして、現在はオーストラリアに来て4ヶ月と少し経ちますが、油断するとすぐに体重が増えてしまいます。

そのため、海外生活が太るというのは私の経験上も実証済みです。

海外生活をすると太る原因

では、なぜ海外生活をすると太ってしまうのでしょうか。その原因としては、次の3つが考えられます。

カロリーの高い食べ物の食べ過ぎ

原因として考えられるものでおそらく一番単純明快なのが“カロリーの高い食べ物の食べ過ぎ”です。

イギリスにいた頃は、イギリスの有名なお菓子“ショートブレッド”を友人にもらって以来どはまりし、毎日のようにティータイムに紅茶とともに食べていました。このショートブレッド、日本のカロリーメイトみたいなクッキーなのですが、とにかくバターとお砂糖がたっぷり使われているので恐ろしいくらい高カロリーです。

また、ポテトチップスとハリボーのグミにもはまっていて、毎日のように一袋まるまる食べていましたし、一人で夕食を食べなければならないときなどはポテトチップスが夕食代わりになっていたほどでした(一袋といっても、日本であるような量が少なめのものではなく、日本では大容量サイズとして売られているようなものです)。

しかも、外食するにしても、当時私が住んでいた地域ではインド料理屋さんのカレーが一番美味しいと言われるほど美味しいレストランがなかなかなく、外食で食べられるのはフィッシュアンドチップスなどのカロリーの高いものがほとんどでした。

あんなに留学生は太って帰ってくると言われて気をつけなければと思っていたのに、なぜこんなに食べてしまったかというと、単純に美味しくてはまってしまったからということもありますが、慣れない英語で講義を受けて膨大な量の資料や教科書を読み、早口の英語が飛び交うディスカッションに参加するというのは思った以上に大変で、ストレスフルだったからということもあります。

オーストラリアも似たようなもので、今度は夫と結婚する前に夫が日本にお土産としてオーストラリアで有名なお菓子“TimTam”を大量に持って来てくれて、これにどはまりし、一時期は毎朝朝食代わりに“TimTam”とコーヒーをいただいていました。

それに、オーストラリアのスーパーでは定期的にポテトチップスが半額になるので、その機会にポテトチップスを買い込んでしまい、ポテトチップスもよく食べてしまいます。

オーストラリアでは、外食では特にオーストラリアっぽい食べ物はない気がしますが、ハンバーガーやお肉などどうしてもカロリーは高めになってしまいます。

運動しなくても生きていける環境

これは私だけかもしれませんが、日本にいる頃は、わざわざジムに行って運動しなくても、毎日職場まで往復で30分くらい歩いていたり、飲み会の帰りに20〜30分かけて歩いて帰ったりしていたので、日常的な運動量は結構ありました。

しかし、ゴールドコーストに来てからは、いろいろな施設が歩いて行くにはちょっと遠いかなという距離に散らばっているので、ちょっとそこまでの距離でも車を使うことがほとんどになりました。都市部では事情が少し違うかもしれませんが、ゴールドコーストの場合は車があれば全く自分で動かなくても生きていけます。

周りには自分よりも太っている人がたくさん

これは意識面ですが、イギリスでもオーストラリアでも欧米人は太りやすい体質なのか、太っている人は日本で太っているとされる人よりもはるかにサイズが大きいです。

そのため、日本では周りの人と比べて太っているというような人でも、ヨーロッパやオーストラリアだとそんなに目立ちませんし、日本でぽっちゃりくらいだと、むしろ細いねと言われるくらいです。

そして、そんな環境に慣れてしまうと、少しくらい太っても全然大丈夫という錯覚に見舞われることになり、それなら美味しいものを食べたいだけ食べよう♪せっかく海外にいるんだし!という謎の前向きさを発揮してしまいます。

海外生活で太らないための対策

ジムに行く

イギリス留学の際は1年で10キロ近く太ってしまったので、もう2度とそんな苦い経験を繰り返さないためにも、オーストラリアでは毎日ジムで1時間歩き、縄跳び3000回、たまに筋トレをして体型を維持に務めています。夫には私が縄跳びをしている姿がペンギンみたいと言われてしまいましたが、めげずに縄跳びを頑張っていて、この縄跳びのおかげか少しずつ痩せてきました。縄跳びはダイエットに効果てきめんな有酸素運動なのでおすすめです。

オーストラリアでは健康に対して意識が高い方が多く、ジムはいつも結構混雑していますが、とってもスリムできれいなトレーナーのお姉さんを見て目標にしつつ、筋肉もりもりのイケメン男性を見ながら癒されています。

ちなみに、私はFitness Firstに通っていますが、入会した際はお得なキャンペーンをやっていて、入会金85ドルのところを0ドル、通い放題、18ヶ月契約で週23ドルのところ20%オフの18.4ドル(月4週だとすると73.6ドル)になっていました。

日本円にすると1ドル80円で計算しても1ヶ月5888円くらいなので、日本でジムに入ると安くても7000〜8000円することを考えるととてもお安く契約することができました。

このキャンペーンが終わってからも、30%オフなど頻繁にキャンペーンをやっているので、もしFitness Firstに入会したいという方は、キャンペーンの時期を狙ってみるといいかもしれません。

本当に食べたいものだけ食べる

これが一番重要なことだと思いますが、太る原因は惰性でなんとなく食べているからだと思うので、本当に食べたいものでない限り食べないようにしました。今まではお菓子の袋を一度開けてしまうと最後の方はもうお腹いっぱいと思いつつも、ちょっとだけ残しても保管が面倒だし・・・と何となく惰性で最後まで食べきってしまっていましたし、何となく口さみしいときもお菓子を口にしていました。でも、本当はこうやって口にするものは自分にとっては全く必要のなかったもので、まさに無駄食べでした。

でも、夫と2人暮らしをするようになってからは、本当に美味しそうで食べたいなと思うものだけを大事に食べる習慣がつきましたし、腹8分目で満足してお腹いっぱいになって苦しくなるまで食べることはなくなりました。

一番顕著なのがバイキングでの食べ方の変化です。今まではあれもこれも全部食べたい、食べないと損だと思って大量にとってきて、お腹いっぱいで苦しいのにさらに食べようとしていました。でも、今は美味しそうなものを少しずつとってきてその取ってきた分を味わって楽しんだらもう十分だと思うようになりました。その理由は、食べること自体が目的なのではなく、美味しいものを味わって食べることが目的だと考えるようになったからだと思います。

また、今では濃厚ミルクのアイスクリームもカロリー過多なドーナツも全て夫と半分こして食べるので、おやつのカロリーはかなり制限できていると思います。そして、スーパーへのお買い物も夫と一緒に行くので、衝動買いも防ぐことができます。

一人暮らしではなく二人暮らしの最大のメリットは私の暴食を止めてくれる人がいることです。笑

まとめ

もし今海外生活で同じような状況にある方がいれば少し参考になれば幸いです。

-海外生活ライフハック

© 2024 オーストラリアでシンママはじめました Powered by AFFINGER5